お盆の迎え火

日本中で東京だけが7月にお盆をやります。うちにも、今日お経をあげにお寺さんが来ました。今日は迎え火の日です。玄関口で、オガラを燃やし、その煙に乗って仏様が招かれて送り火の日まで、家に留まるといます。オガラを燃やした火で提灯のロウソクをともし、仏壇のロウソクをともします。また、消えかけた迎え火の上を外から入り口に向かって、家人がまたぎます。

 

 

 

オガラにマッチで火をつけるのは、私が家で一番うまいです。ともとも、焚き火が好きですから。

 

 提灯は息子が幼稚園の時にもらったものだったかな?・・・・結構古い提灯です。

 

 

燃えきるとオガラはオキ火になって少しくすぶります

 

 

そして、めでたく仏壇のロウソクに火が移りました。ちなみにうちは、弘法大師空海の真言宗です。上に釣り下がっているのは、ホオズキで、お盆のお飾り用ですね。

 

野菜、果物をお供えしています。今年はオガラで作った馬と牛が一対の馬が(姫から修正するようにと指導されました。)一緒にお供えされています。いつもは、ナスやきゅうりに、わりばしなどで足を付けてお供えするのですが、今年はデキアエです。

記事を見てコメントする | 友だちに紹介する

広告

~ by kazuhiro : 2010/07/13.

コメント / トラックバック2件 to “お盆の迎え火”

  1. 祖父母や母が昔から続けていることは継承してやってますね。日本の文化ですからね。子供の時から、クリスマスやサンタクロースは信じていませんが、仏様(死んだ先祖)がお盆に家にいることは信じていましたね。

  2. KAZUHIROさん一家は素敵だね・・・。ずっと昔の人が生きてるみたいだ~~ァ。民俗学の先生が話してたの思い出しました。教授曰く「こうやって華々しく迎えられたい」と・・・・。仕来りに沿って~今もチャンと受け継ぐ家族が居る!ワンダフル・フル~~で~~す。だから・・・姫様なんだね。KAZUHIROさんはお殿様だね。納得!

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

 
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。