【映画 素敵な金縛り​】

【Kazuhiro解説】
いつもの三谷監督のお気に入りの役者が揃いました。主演のフカエリは「悪人」の映画で光っていた私が好きな女優です。幽霊を証人喚問するという荒唐無稽な話ですが、一番面白かったのは弁護士の敵の検事(中井貴一 )にも、幽霊が見えちゃう点です。最近運勢が低下気味、身近に最近「死」があった、シナモンが好きと言う3つの条件で幽霊が見える条件というのが素敵です。最後に亡くなった主人公の父が霊界から来るが
すでに運勢が低下をやめた主人公には見えないという設定も良かった。楽しめる映画でした。公開されてすぐに大人気だったのも解ります。

【あらすじとキャスト】
エミ(深津絵里)は失敗続きで後がない三流弁護士。彼女が新しく担当になったのは、とある殺人事件。被告人は無実を主張。完璧なアリバイがあるという。なんと事件当夜、旅館の一室で金縛りにあっていたというのだ。無実を証明できるのは一晩中彼の上にのしかかっていた落ち武者の幽霊だけ。エミはその幽霊、六兵衛(西田敏行)に会い、彼を証人として法廷に召喚する。しかしこの六兵衛の姿は、すべての人に見えるわけではなかった。しかもエミの前には、一切の超常現象を信じない敏腕カタブツ検事、小佐野(中井貴一)が立ちはだかり……。人生のどん詰まりに立たされたダメダメ弁護士と、421年前に無念の死を遂げた落ち武者の間に生まれた奇妙な友情。果たして彼らは、真実を導き出す事ができるのか……?

宝生エミ〔弁護士〕 – 深津絵里
更科六兵衛〔証人、落武者の幽霊、後北条氏家臣〕 – 西田敏行
速水悠〔弁護士〕 – 阿部寛
小佐野徹〔検事〕 – 中井貴一
菅仁〔裁判長〕 – 小林隆
矢部五郎〔被告人。鈴子の夫〕 – KAN
矢部鈴子〔美術品バイヤー、風子の妹〕- 竹内結子
日野風子〔化粧品会社・社長、鈴子の姉〕 – 竹内結子(一人二役)
日野勉〔風子の夫、鈴子の愛人〕 – 山本耕史
木戸健一〔歴史学者、更科六兵衛の子孫〕 – 浅野忠信
阿倍つくつく〔陰陽師、安倍晴明の友人の子孫〕 – 市村正親
宝生輝夫〔エミの亡き父〕 – 草彅剛
工藤万亀夫〔エミの恋人、役者〕 – 木下隆行 (TKO)
段田譲治〔向こうの世界から来た男、管理局公安〕 – 小日向文世
日村たまる〔法廷画家〕 – 山本亘
旅館「しかばね荘」の女将・猪瀬絹 – 戸田恵子
旅館「しかばね荘」の主人・猪瀬潤 – 浅野和之
占部薫〔タクシー運転手〕 – 生瀬勝久
村田大樹〔まだ売れていない役者〕- 佐藤浩市
前田くま〔ウェイトレス〕 – 深田恭子
悲鳴の女〔コールガール〕- 篠原涼子
ドクター – 唐沢寿明

脚本と監督 – 三谷幸喜
製作 – 亀山千広、島谷能成

2011年公開

素敵な金縛り1

素敵な金縛り2

 

素敵な金縛り3

~ by kazuhiro : 2013/06/30.

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

 
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。