東北旅行(6)

五日目の最終日は蔵王温泉から福島県立美術館に日本画の伊藤若冲を見に行きました。

下記はガイドから

「伊藤若冲をはじめ、曽我蕭白や長沢芦雪、酒井抱一など江戸時代を代表する画家の名品の数々で世界的に知られるプライスコレクション。その美しく生命の輝きと喜びに満ちた江戸絵画が、震災で被害に遭われた方々、とりわけ未来を担う子どもたちの心の支えになればというプライス夫妻の強い思いにより、本展は実現することになりました。」

福島県立美術館 1984年開館

http://www.art-museum.fks.ed.jp/menu_j.html

蔵王温泉では、この旅行で毎日行ったように6:00に早起きをして朝食前に朝風呂です。二箇所の共同温泉浴場に入り、涼しい朝風に当たり散歩をしてから朝食です。それまで、折角、計るだけダイエットしていたのですが、一気に3kg体重が増加しちゃいました。この日は朝食をして、美術館に行って帰るだけですので楽な工程のはず・・・・。
でも、朝から腰に違和感が・・・、ヤバっ、前日の御釜めぐりと山寺の連続が無理だったか。こんな所でぎっくり腰はヤバイです。騙し騙し運転して、美術館へ。

福島県立美術館1

福島県立美術館2

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

福島県立美術館若冲

若冲の作品は他に較べて際立っていました。鶏をはじめ、像や虎も見事でした。生前、若冲は本物の象も虎も見たことが無く、毛皮や他の人の絵や解説などから想像して画いたのだそうです。
こういうマニアックな作風の絵は好きです。この象の絵は出口に展示されているレプリカです。皆が前で記念撮影をしていました。

そして、近くのレストランでイタリアンランチを食べて、帰りです。

腰が痛いので姫と交代で運転でしたので早く帰りたかったのに、高速道路ラジオの渋滞情報に騙されました。東北自動車道で聞いた渋滞情報では、いわきから浦和の東北道は2時間40分、いわきから三郷の常磐道は3時間30分と言っていました。お盆の終わりにおかしいと思ったのですが、情報どおり東北道で帰ると・・渋滞です。2時間40分どころか、たっぷり7時間以上かかりました。うそつきラジオとぼやいても手遅れです。 所々、腰の痛みで運転は交代で帰ってきました。

広告

~ by kazuhiro : 2013/08/24.

コメント / トラックバック2件 to “東北旅行(6)”

  1. ゆっくり東北旅行、堪能したようですね。
    若沖の絵は、あの時代に本物を見ずに想像だけで、
    斬新な絵を描いたのですね。

    腰痛は、いかがですか。

    • 東北旅行を堪能出来ましたよ。やはり、ゆっくりとマイペースで見物した方が楽しいし、よく解りますね。若冲が本物を見ずに描いたと解説を見て初めて知りました。
       腰痛は帰ってすぐに行きつけの整体マッサージに行ってもう、治りました。
      ご心配いただき、ありがとうございました。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

 
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。