【映画 テルマエ・ロマエ】

【Kazuhiro解説】  ローマ帝国、幕間にテノールのアリア、荒唐無稽のお話とくれば、私にとって面白くないわけがありません。阿部寛の演技もよかったし、とぼけた上戸彩も良かった。市村正親 が演じる平たい顔族のハドリアヌスがありえなくて笑えます。そして、大道具なのか、CGなのか、ローマ帝国の背景が見事でした。こういう映画は好きです。

【あらすじとキャスト】

古代ローマ、アイデアが行き詰まり失業した浴場設計技師のルシウス(阿部寛)は、友人に誘われた公衆浴場でタイムスリップしてしまう。たどり着いた場所は、何と日本の銭湯。そこには「平たい顔族=日本人」がいて、彼は漫画家志望の真実(上戸彩)と出会う。ルシウスは日本の風呂の文化に感銘を受け、そこで浮かんだアイデアを古代ローマに持ち帰り一躍有名になっていくが……。

監督 武内英樹

原作 ヤマザキマリ

音楽 住友紀人

脚本 武藤将吾

阿部寛 (ルシウス)

上戸彩 (山越真実)

北村一輝 (ケイオニウス)

宍戸開 (アントニヌス)

市村正親 (ハドリアヌス)

笹野高史 (山越修造)

竹内力 (館野)

2012年公開

テルマエ・ロマエ

広告

~ by kazuhiro : 2013/09/29.

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

 
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。