【映画 鍵泥棒のメソッド】

【Kazuhiro解説】

堺雅人と香川照之といえば・・・半澤直樹でしょうと勝手に決めつけてこの映画を見たら結構面白かった。この二人の役者の演技は上手いのですが、とぼけた広末の女性編集者がいい味でした。しかし、どう見ても堺は殺し屋には見えません。どちらかと言えば殺されちゃう方だと思いますね。

【あらすじとキャスト】

銭湯に入ってきた金持ちそうな男(香川照之)が転倒。その場に居合わせた貧乏役者の桜井が様子を見ていると、男は頭を強打した影響で記憶を失っていた。桜井はちょっとした出来心を起こし、男のロッカーの鍵と自分の鍵をすり替える。案の定、自分を桜井だと思い込む男。しかし男の正体は誰も顔を見たことのない伝説の殺し屋・コンドウで、コンドウに成り代わった桜井のもとに大金が絡む危険な仕事の依頼が舞い込み、桜井はやむなく引き受けてしまう。一方、自分は桜井だと思い込んでいるコンドウは一流の役者となることを目指して真面目に努力する。そんなひたむきな姿に胸を打たれた女性編集長の香苗(広末涼子)は彼に求婚。三者三様の事情が複雑に絡み合う……。

監督 内田けんじ

堺雅人   桜井武史

香川照之  コンドウ/山崎信一郎

広末涼子  水嶋香苗

荒川良々  工藤純一

森口瑤子  井上綾子

2012年公開

鍵泥棒1

 

鍵泥棒2

 

鍵泥棒3

 

広告

~ by kazuhiro : 2014/02/04.

コメント / トラックバック2件 to “【映画 鍵泥棒のメソッド】”

  1. 私もこれ観ました。期待せずに行ったら、とっても面白かったんですよね。
    ぷぷっと笑うところがここかしこにあって、最後まで楽しめました。

    • tagioさん

       私はたまたま見つけてテレビで見ちゃいました。面白かったよね。
      失われた香川の記憶がいつ戻るのかってドキドキしちゃいました。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

 
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。