【映画 ザ・テノール 真実の物語】

【Kazuhiro解説】

試写会のチケットを頂いたので見に行きました。
開始早々からオペラ「トゥーランドット」の「誰も寝てはならぬ」のテノールから始まります。全編オペラ一色ですが、北乃きいの演じる美咲のロックファン風な音楽事務所の女性スタッフがいいポイントになっています。
「いい音楽にはオペラもロックも区別はない」という台詞がいいです。国境を越えた不屈の友情、世界ででただ一つの奇跡の実話とのキャッチです。日韓共催のサッカーワールドカップで盛り上がった両国関係が嘘のように冷え込んだ今、こういう映画は大切だと思います。いい映画でした。

 
【あらすじとキャスト】

繊細で抒情的ながら心を射抜くような強靭なリリコ・スピントという稀有な声質の持ち主でアジア最高のテノールと言われたオペラ歌手ベー・チェチョル(ユ・ジテ)は、ヨーロッパを中心に活躍していた。しかしある日、甲状腺がんであることが発覚。手術の結果、彼は声を失ってしまう。もう二度と舞台に立てないことを突き付けられ絶望の淵にある彼を支えたのは、彼の才能を信じる音楽プロデューサー沢田幸司(伊勢谷友介)だった。国境を越えた二人の絆は、やがて奇跡を呼ぶ……。
監督 キム・サンマン
撮影 ジュ・ソンリム
美術 ジ・ヒョンソ
音楽 キム・ジュンソン

ベー・チェチョル : ユ・ジテ
沢田幸司         :伊勢谷友介
ユニ             :チャ・イェリョン
美咲             :北乃きい
2014年公開 只今上映中
予告編

http://movie.walkerplus.com/mv56140/trailer/

テノール1

テノール2

テノール3

広告

~ by kazuhiro : 2014/10/15.

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

 
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。