【映画 男はつらいよ 夜霧にむせぶ寅次郎】

【KAZUHIRO解説】

佐藤B作が逃げた女房を追いかけて北海道へ行く情けない夫役をしていました。寅さんの「こいつ、暗い奴なんだ」という台詞が他人事で可笑しかったです。
サーカスのオートバイの曲乗師の渡瀬恒彦が渡世人同士、寅さんと話すシーンも深刻で他の作品では見られないシーンでした。最後に寅さんが北海道のヒグマに襲われるシーンは山田監督のサービス精神でしょうね。

【あらすじとキャスト】

霧が深い北海道釧路で、寅次郎は風子(中原理恵)というツッパリ娘に出会う。風子は寅次郎の楽しい話にすっかり打ち解けて、寅次郎と一緒に気ままな旅をしたいと言い出した。寅次郎の気持ちは大きく揺れたが、その申し出をキッパリと断った。風子は、外見はツッパっているが、内面はとても優しい娘であった。風子には幸せな結婚をして欲しいと心底願う寅次郎だったが、そんな風子の前に、オートバイショーの花形トニー(渡瀬恒彦)が現れると、風子は寅次郎の気持ちも知らずに、トニーについて行ってしまう。
シリーズ33作目。

監督・原作:山田洋次
脚本:山田洋次、朝間義隆
製作:島津清、中川滋弘
音楽:山本直純

車寅次郎:渥美清
諏訪さくら:倍賞千恵子
木暮風子:中原理恵
車竜造(おいちゃん):下條正巳
車つね(おばちゃん):三崎千恵子
諏訪博:前田吟
桂梅太郎(タコ社長):太宰久雄
源公:佐藤蛾次郎
諏訪満男:吉岡秀隆
桂あけみ:美保純
金吾:加藤武
きぬ:文野朋子
登:秋野太作
理容店店主:人見明
黒田:谷幹一
寅の仲間:関敬六
福田栄作:佐藤B作
トニー:渡瀬恒彦
1984年公開

 

男はつらいよ 夜霧3

 

男はつらいよ 夜霧2

 

男はつらいよ 夜霧1

広告

~ by kazuhiro : 2014/10/21.

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

 
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。