【映画 君よ憤怒の河を渉れ 】

【あらすじとキャスト】

1976年10月10日新宿。ある代議士の不審死事件を単独捜査していた東京地検刑事部検事・杜丘冬人は、突然、警察官に強盗傷害容疑で連行された。警察官は水沢恵子と名乗る女性の通報を受け、杜丘を拘束したのだった。新宿警察署へ連行された杜丘は旧知の警視庁捜査第一課・矢村警部を呼び出し、無実を主張する。すると今度は寺田俊明と名乗る男性が「この男にカメラを盗まれた」と杜丘を名指しで通報してきた。杜丘には身に覚えのない事だったが、証拠が揃いすぎていた。完璧な罠だ。

杜丘は、家宅捜索の隙をみて逃亡する。新聞は“現職検事が凶悪犯”“杜丘検事即日免職”と書きたてた。杜丘は水沢恵子を捜しに彼女の郷里・能登へ向かった。恵子は本名を横路加代といい、寺田は彼女の夫の横路敬二と判明した。だが、その時にはすでに加代は殺されていた。杜丘は加代あての手紙から、横路敬二が北海道の様似に居る事を知り、北海道に飛んだ。杜丘の逮捕状は「強盗犯」から「横路加代殺人容疑」に切替えられた。その頃、矢村警部は横路の経歴を洗い、彼がモルモットやハツカネズミを飼育し、製薬会社の実験用に売りさばいていた事を突き止めたが、杜丘との関係はでてこなかった。北海道様似で杜丘は横路の家を見つけたが、そこには刑事が待ちうけていた。杜丘は日高山中の林の中に逃げ込む。だが、その杜丘を散弾銃を待った二人の男が追って来た。逃げる杜丘はある事件を回想した–。

監督:佐藤純彌

脚本:田坂啓、佐藤純弥

製作:永田雅一

杜丘冬人:高倉健
遠波真由美:中野良子
矢村警部:原田芳雄
大月京子:倍賞美津子(特別出演)
伊藤検事正:池部良
横路敬二:田中邦衛
横路加代:伊佐山ひろ子
遠波善紀:大滝秀治
長岡了介:西村晃
堂塔正康:岡田英次
酒井義広:内藤武敏
細江刑事:大和田伸也
小川刑事:下川辰平

1976年製作

 

君よ憤怒の河を渉れ

広告

~ by kazuhiro : 2016/05/06.

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

w

%s と連携中

 
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。