【映画 ドラキュラ】

【あらすじとキャスト】

ドラキュラ伯爵はルーマニア・トランシルヴァニア城の城主だった。イスラム勢力との戦に行ったが、そこで戦死したという虚偽の情報を真に受けた最愛の妻である妃エリザベータは身を投げ自殺。帰ってきたドラキュラ伯爵は悲しみの最中で、司祭から自殺した霊魂は神に救われないという言葉を聴き絶望する。絶望の末、ドラキュラ伯爵は怒り極まって神に背き、神への復讐を誓い、血を糧に生きながらえる吸血鬼と化した。

それから400年後。ロンドンの弁護士・ジョナサンはルーマニアのドラキュラ伯爵からの依頼を受けて彼の城に向かうが、そこで彼は伯爵の正体を知ってしまい、城に囚われてしまう。一方ロンドンへと渡ったドラキュラ伯爵は、そこで亡き妻と瓜二つの女性・ミナと出会う。しかし彼女はジョナサンの婚約者であり、ミナはジョナサンと伯爵との間で揺れ動くこととなる。

時を同じくして、ミナの親友ルーシーは奇妙な夢遊病の発作に悩まされていた。徐々に心身ともに衰弱していく彼女の様子を心配したルーシーの婚約者アーサーは友人のジャックとクィンシーからこのことを形而上学者のヴァン・ヘルシングに相談するよう勧められる。ルーシーの屋敷を訪れ、彼女を診察したヘルシングは、その症状が吸血鬼に血を吸われたことによるものだと気付く。

それからしばらく経ち、ジョナサンはドラキュラ城から脱出してロンドンに戻るが、そこでドラキュラ伯爵もロンドンに渡って来ていたことを知る。その後、ヘルシングと出会ったジョナサンはドラキュラ伯爵がミナを奪おうとしていることを知り、アーサー達やヘルシングと共にドラキュラ伯爵に戦いを挑むことを決意する。

 

監督:フランシス・フォード・コッポラ

脚本:ジェイムズ・V・ハーオト

原作:ブラム・ストーカー

製作:フランシス・フォード・コッポラ
フレッド・フックス
チャールズ・マルヴェヒル
ドラキュラ伯爵           :ゲイリー・オールドマン
ミナ・マーレイ/エリザベータ(二役) :ウィノナ・ライダー
ヴァン・ヘルシング教授/司祭(二役) :アンソニー・ホプキンス
ジョナサン・ハーカー         :キアヌ・リーブス
ジャック・セワード          :リチャード・E・グラント
アーサー・ホームウッド卿       :ケイリー・エルウィス
クインシー・P・モリス        :ビリー・キャンベル
ドラキュラの花嫁           :モニカ・ベルッチ
ルーシー               :サディ・フロスト

1992年製作

ドラキュラ1

ドラキュラ2

ドラキュラ3

広告

~ by kazuhiro : 2016/05/07.

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

 
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。