三遊亭遊雀・遊かり 親子会 1月29日(日)

•2017/01/14 • コメントする

応援している三遊亭遊かりが師匠の遊雀さんと親子会を行います。第一回の親子会では、お腹を抱えて笑いました。(えこひいきではありません。)席が大きくないので目の前で落語が見れます。本当に息遣いが伝わるぐらいです。くしゃみをすれば、つばが飛んでくる距離。

是非とも足をお運びください。

1月29日(日) 17:30 開場

入場料 3000円(1ドリンク付)

場所:高円寺 「HACO」

ネット予約はここから

http://www.noraya.jp/

yuukari001

 

若手落語家選手権

•2016/12/17 • コメントする

応援している三遊亭遊かりが若手落語家選手権の出場します。

第二回の来年1/28(土)に、京王相模原線の橋本駅ちかくに杜のホールはしもとに登場します。

20名が参加して勝ち抜いた5名が3/12(日)の本選会に出場するのです。

お時間がある方はぜひお越しください。

頑張れ、遊かり!!

 

 

kazu011

ものがたり図絵 そのⅦ

•2016/11/30 • コメントする

今年も、紀尾井町サロンホールで恒例の朗読会に行きました。

朗読;渡部玲子

ハープ:田中淳子

 

シートン動物記より「街の吟遊詩人-雄スズメの冒険物語」

 

ポール・ギャリコ「スノーグース」

ポール・ギャリコは映画「ポセイドンアボベンチャー」の原作者です。

 

スノーグースの朗読に大変感動しました。

*****スノーグース*******

第二次世界大戦初期、ドイツ軍に中央突破された英仏連合軍が

命からがら英国本土に撤退した「ダンケルクの悲劇」から着想を得たと言われる、

ギャリコの出世作にして代表作、最も有名な作品。

孤独に暮らす画家ラヤダーのもとに、傷ついた白雁を連れてきた少女。

白雁の治療をする中で、2人の心は寄り添っていく。

だが戦争がはじまり、彼は戦地へ向かう。彼女への想いを伝えないまま

スノーグースというのは、白雁のこと。

外見が醜く人嫌いの男と田舎娘である少女との間の純情の関係を、

傷ついた一羽の鳥を媒介として語る、叙情的な短編。

 

kazu009

 

kazu010

 

 

 

【映画 忘れた恋の始め方】

•2016/05/07 • コメントする

【あらすじとキャスト】

バークは自己啓発書の著者として多くの読者を獲得しているベストセラー作家。彼は2年前に妻を亡くし、その悲しみに打ちひしがれていた。そんなある日、彼は講演のために訪れたホテルで花屋のエロイースと出会う。彼女は幾つもの恋に破れてしまったために、恋に臆病になっている女性であった。そんな心に傷を持つ二人が、互いに惹かれあっていく。
監督:ブランドン・キャンプ

脚本:ブランドン・キャンプ
マイク・トンプソン

製作:マイク・トンプソン
スコット・ステューバー

バーク・ライアン      :アーロン・エッカート
エロイース・チャンドラー  :ジェニファー・アニストン
レーン           :ダン・フォグラー
マーティ          :ジュディ・グリア
タイラー          :ジョー・アンダーソン

2009年製作

 

わすれた恋のはじめかた1

 

わすれた恋のはじめかた2

【映画 人間椅子】

•2016/05/07 • コメントする

【あらすじとキャスト】

江戸川乱歩の著した短編小説である。『苦楽』1925年(大正14年)9月号に掲載された。昭和初期、人気女流作家の篠崎佳子は、外交官の夫・昭一郎と何不自由ない生活を送っている。だが、彼女は異常なまでの潔癖症で、執筆中も手袋を用いるばかりか、夫との性交渉にも我慢がならないほどだった。ある日、彼女の元へ一通の封書が届く。それは匿名の家具職人からのもので、中身は彼が自ら作った椅子の中に入って、言いしれぬ喜びに包まれているという告白文であった。初めは質の悪い悪戯だと思っていた佳子だったが、日々送られてくる手紙を読むうち、彼女はその奇異な世界にいつしか夢中になっていく。そして、男の潜んだ椅子が、実は自分が今座っている椅子であったことを知った佳子は、ますます男への興味を募らせていった。

 
監督・脚本:水谷俊之
製作:須崎一夫
プロデューサー:下田淳行
音楽:澄淳子

篠崎佳子  :清水美砂
清水昭一郎 :國村隼
人間椅子  :山路和弘
民江    :光浦靖子
吉村    :温水洋一
山中    :大鷹明良

1997年製作

 

人間椅子1

 

人間椅子2

【映画 ドラキュラ】

•2016/05/07 • コメントする

【あらすじとキャスト】

ドラキュラ伯爵はルーマニア・トランシルヴァニア城の城主だった。イスラム勢力との戦に行ったが、そこで戦死したという虚偽の情報を真に受けた最愛の妻である妃エリザベータは身を投げ自殺。帰ってきたドラキュラ伯爵は悲しみの最中で、司祭から自殺した霊魂は神に救われないという言葉を聴き絶望する。絶望の末、ドラキュラ伯爵は怒り極まって神に背き、神への復讐を誓い、血を糧に生きながらえる吸血鬼と化した。

それから400年後。ロンドンの弁護士・ジョナサンはルーマニアのドラキュラ伯爵からの依頼を受けて彼の城に向かうが、そこで彼は伯爵の正体を知ってしまい、城に囚われてしまう。一方ロンドンへと渡ったドラキュラ伯爵は、そこで亡き妻と瓜二つの女性・ミナと出会う。しかし彼女はジョナサンの婚約者であり、ミナはジョナサンと伯爵との間で揺れ動くこととなる。

時を同じくして、ミナの親友ルーシーは奇妙な夢遊病の発作に悩まされていた。徐々に心身ともに衰弱していく彼女の様子を心配したルーシーの婚約者アーサーは友人のジャックとクィンシーからこのことを形而上学者のヴァン・ヘルシングに相談するよう勧められる。ルーシーの屋敷を訪れ、彼女を診察したヘルシングは、その症状が吸血鬼に血を吸われたことによるものだと気付く。

それからしばらく経ち、ジョナサンはドラキュラ城から脱出してロンドンに戻るが、そこでドラキュラ伯爵もロンドンに渡って来ていたことを知る。その後、ヘルシングと出会ったジョナサンはドラキュラ伯爵がミナを奪おうとしていることを知り、アーサー達やヘルシングと共にドラキュラ伯爵に戦いを挑むことを決意する。

 

監督:フランシス・フォード・コッポラ

脚本:ジェイムズ・V・ハーオト

原作:ブラム・ストーカー

製作:フランシス・フォード・コッポラ
フレッド・フックス
チャールズ・マルヴェヒル
ドラキュラ伯爵           :ゲイリー・オールドマン
ミナ・マーレイ/エリザベータ(二役) :ウィノナ・ライダー
ヴァン・ヘルシング教授/司祭(二役) :アンソニー・ホプキンス
ジョナサン・ハーカー         :キアヌ・リーブス
ジャック・セワード          :リチャード・E・グラント
アーサー・ホームウッド卿       :ケイリー・エルウィス
クインシー・P・モリス        :ビリー・キャンベル
ドラキュラの花嫁           :モニカ・ベルッチ
ルーシー               :サディ・フロスト

1992年製作

ドラキュラ1

ドラキュラ2

ドラキュラ3

【映画 グッドナイトムーン】

•2016/05/07 • コメントする

【あらすじとキャスト】

イザベルはニューヨークで活躍している女性カメラマン。ある日、弁護士のルークと出会い、恋に落ちた彼女は、彼と同棲することになる。だが、彼には前妻ジャッキーとの間に二人の子供がいた。子供たちに気に入ってもらおうと奮闘するイザベルだったが、ジャッキーになついている子供たちの気持ちはなかなか変わらなかった。しかし、ジャッキーの身にあることが起こったために、彼女たちの運命は大きく変わろうとしていた。

 
監督:クリス・コロンバス

脚本:ジジ・レヴァンジー
ジェシー・ネルソン
スティーヴン・ロジャース
カレン・リー・ホプキンス
ロン・バス

原案:ジジ・レヴァンジー

製作:ウェンディ・フィネルマン
イザベル・ケリー    :ジュリア・ロバーツ
ジャッキー・ハリソン  :スーザン・サランドン
ルーク・ハリソン    :エド・ハリス
アンナ・ハリソン    :ジェナ・マローン
ベン・ハリソン     :リアム・エイケン

1998年製作

 

グッドナイトムーン1

 

グッドナイトムーン2